読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hopefully

人生を豊かにする節約とモバイルのログ

trywimaxでuqwimaxのwx01を使ってみた

無料で2週間も使えるので、文句は言えないが、wx01を使ってみて感じたデメリットをまとめる。結論からいうと、このwx01という機種は日本全国を移動しながら利用するモバイルルータとしては、おすすめできない。wimaxだけではなく、auの4gにも対応したルータの方が圏外になることもなく、電波状態が安定しているため、使いやすいと思われる。
 
<デメリット>
wimaxのカバーエリアがまだ狭い。都心部全域では問題なく電波を掴むが、新幹線や高速道路といった山間部では圏外になることがあった。また、圏外にならずとも、モールなど屋内での速度は不安定であり、ストレスを感じることがあった。
 
trywimaxの通信速度制限がよくわかなかった。通信容量が7gbを越えて使用していたため、速度制限を受けたことがあった。以前はtrywimaxではこの速度制限の制約はなかったはず。
速度制限がかかるのは仕方ないのだが、そのルールがよく分からなかった。制限がかかったと思ったら、また高速が使えたりと、回線の状況によって制限がかかるということだろうか?制限が不定期であり、よめなかった。
 
win10のPCと無線lan接続を試みたが、うまく接続できなかった。正確には、ルータ、PC間は問題なく接続できていたので、インターネットへ繋がらないということになる。原因は無線lan子機にあるかもしれないが、他のMVNO系のテザリングではつなっていた。しかし、無線ではなく、直接PCにusb経由で接続すると、問題なくつながった。あれこれ考えず、すぐにusbで接続していればよかった。
 
 
wx01には少し不満を感じたが、trywimaxはまた90日後も使えるため、大変便利なサービスであり、また利用したい。さらには、今月は早めに使いすぎて、容量が足りないといった、モバイル回線の通信容量調整のために利用してみるのも面白いと思った。