読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hopefully

人生を豊かにする節約とモバイルのログ

ふるさと納税を年末に滑り込みでした話

f:id:alxd50:20170123191223j:plain

年末に帰省した際に、父親からふるさと納税はしたのかと問われ、来年からしようかなと返したところ、まだ間に合うから、絶対にした方がよいと強く勧められ、ふるさと納税の説明を受けました。正確に理解はできていませんが、所得税や住民税の先払いというイメージなのですね。

そもそもは自分の住む自治体以外に思い入れのある町、故郷に税金を納めるというのが始まりだったはず。ところが、このふるさと納税を巡って激しい奪い合いが起こってしまい、結果的に返礼品や還元率の争いばかりが目立つという奇妙な現象になっています。なかには還元率が100%以上という自治体もあり、いったいだれが得をしているのか、ふるさと納税による不足をさらに税金で補填しているんじゃないかとあれこれ考えてしまいます。

それで、どうせならお得にふるさと納税をしたいのと、12月ぎりぎりということもあり、あわてて自治体の選定を行いました。最初は還元率にこだわり、豚肉やら牛肉に狙いを定めて探してみたものの、人気の自治体、商品は1ヶ月のセット数が決まっていたり、年末にはほとんど残っていなかったりするわけです。それとこの還元率の正確さが怪しいと思えてきたんです。米でも肉でもおおよそ何円相当というのが推定されているものの、実際の市場価値がどれほどかは正確にはわからないし、自治体がふるさと納税用に大量に安く卸している可能性もあるわけです。

迷ったあげく、自分の中ではギフト・金券がお得なのではと思いました。そのギフト券が流通していればしているほど、換金しやすいし、これこそ市場価値が高いといえると思いました。ちなみに、金券やギフト券といった返礼品はその金額や種類が減少傾向にあります。やはりふるさと納税のスタンスからは、ずれているからでしょうね。市場価格も調査した上で、静岡県小山町へ2万円分納税しました。返礼品はリンガーハットの商品券です。500円のギフト券が8枚の2セットで16枚(8000円相当)をゲットです。期限がないので、店がつぶれない限り使えますし、消費できなければ90%前後で換金できそうです。返礼品の相場は4~6割なので、還元率は決して高いとはいえませんが、換金という点では優れた品だと思います。

A-47 リンガーハットグループ共通商品券8枚 | 静岡県小山町 | ふるさと納税ランキングふるなび

年収的にはもう少しいけそうでしたが、2万円にしました。自己負担額2千円を引いて、18000円が住民税から控除される予定です。また、ワンストップ特例という便利な制度があり、納付した自治体へ申請することで、年末調整は不要になります。1年で5つの自治体まで使えます。