読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hopefully

人生を豊かにする節約とモバイルのログ

ファンくるは当日予約でも十分に使える!進んで幹事をしよう!!

f:id:alxd50:20170316073625j:plain

1週間後に、友達3人と飲むことになり、店を探していた。

ファンくるでモニターの店を選びたかったが、お店が大量に更新されるのは月初めが多く、中旬となると、還元率の高い、よい条件の店はなくなってしまう。そうこうしていると、飲み会の当日になり、30%還元のお店で諦めていたが、昼過ぎに検索したところ、なんと50%還元の店が出ていた。すぐに予約をいれ、モニターの権利をゲットしたのである。

ファンくるでは店の空き状況を見ながら突発的にモニターとして出すようだ。客がいなくて利益が出ないよりも、たとえ通常の50%でも利益があったほうが店としてもよいということだろう。今回は上限が5000円となっているため、1万円分は注文した。割り勘ではなく、少し多めに自分は払った。今回の店は現金だけではなく、クレカも使えるのでなおさらうれしい。

幹事は基本やりたくはないけど、ファンくるがあると急に楽しくなる。100%還元に近い店で上限がなく、10人規模の飲み会をすればとんでもない金額をゲットできてしまう。飲み会の日が近づくと、入念に検索して、還元率と上限が高いお店をおさえたいものである。
ちなみに、モニター当選後は3日後に来店しないといけない、それまでにレシートを提出する必要がある。ポイントを使って延長する手もあるけども。月初めによいお店を押さえて、延長しながら引っ張るか、突発的にでてくる店を狙い撃ちするか、もっとファンクルを使い込んで見極めていこうと思う。

モニターで注意したいのは細かい条件である。せっかくモニターの権利を得たのに、条件から外れていると、最悪ポイントがもらえなくなる。よくある条件として、入店時間、曜日、人数、注文必須の料理、写真有無などである。また、アンケート内容はどこまで細かく確認されるかはわからないが、今回、2項目ほど、アンケート内容の修正依頼が来た。アンケートの再提出は3回まで認められるようだ。

今回のケースのモニター選定からのポイント獲得までの流れと期間を最後にまとめておくので、参考にしていただきたい。今回はポイント確定までが非常にスピーディであった。獲得したポイントはamazonギフト券で発行するか、現金化ができる。今回はpexを経由して現金化しようと思う。ポイントの有効期限は180日である。
・飲み会当日:50%還元の店を発見、モニター応募、当選
・飲み会翌日:アンケート回答、レシート画像送付
       アンケート再提出、ポイント確定(メールでの確定通知は翌日)


alxd50.hatenablog.com

ニトリからリコールのお知らせが届いた

1年以上前に購入したプラスティック製の風呂の椅子で不具合があったらしく、商品と引き換えで返金しますというもの。不具合の内容としては、座面が割れるおそれがあり、まあ裸で座るから最悪怪我をするということだろう。

ニトリのカードを持っている、つまり会員なので、該当商品を購入した人に一斉に送信しているのかと思われる。会員登録はポイント以外にもアフターサービスで使えるのね、と関心してしまった。

ただ、会員以外は気付くのだろうか。石油ヒーターみたいに、確かに深刻ではないかもしれないが、はがきだけではなく、ホームページなどで目立つように告知すべきじゃないだろうか。あと、割れたらどんな感じになるのかの画像もアップで載せてほしかった。どれぐらい危なくて、返品するかどうかの判断材料がほしい。

これ、どれぐらいの人が返品するのだろうか。ニトリが近くにあるならいいのだが、2千円ぐらいの製品をわざわざ返品するのもなかなかめんどい。割れているのならまだしも、うちの椅子はまだ問題は起きていないようだ。

ニトリが本気で回収したいなら、やはり着払いで集めるべきだったのではないだろうか。製品の価格はたしかに安いのだけど、わざわざいくのにお金と時間がかかるので、返品はあまり現実的ではない気がする。ちょっとリコールの対応としては、中途半端だったかな。

ニトリは家具だけではなく、食器とかのバリエーションも豊富で大変気に入っている。新居に引っ越した際、カーテン、棚、机などを購入し、大変お世話になっている。今回の件は少し残念だったが、色々勉強になった。たぶんリコールとしては初かなあ。

http://www.nitori.co.jp/news/pdf/2016/76A36DED-85A6-CE6A-A791-B0D22D9752CC.pdf

プリンタ(MP490)インク交換カラー編

ブラックのインク交換で、カートリッジを買うのではなく、インクの原液を購入し、カートリッジに穴をあけて、インクを流し込むという手法のコスパが大変よく気に入ってしまった。

調子にのって、勢いでカラー版、赤、青、黄も購入し、交換したが、結論からいうと、買わなくて よかった。というか、モノクロ印刷ができれば家で印刷する分には十分だとあとで気づいたのである。

今のプリンタ用途で、だんとつで多いのが、クリックポストの印刷、つづいて、免許証や書類のコピーだろうか。年賀状を印刷するわけでもないし、写真をカラーで印刷するわけでもない。どうしてもカラーで印刷したいときは、コンビニにおいてあるような業務用プリンタを使えばいいわけだし、なんでカラーインクを買ってしまったのだろうとすごく後悔している。

プリンタのインクはしばらく使わなければ、つまってしまい、肝心の印刷したい時になかなか色が出てこなくて、何度もクリーニングしたりする必要がある。今回インク交換した際も青色がなかなかでてこなくて、何度もよく分からない海の画像を印刷して、紙もそれなりに調整のため使うことになった。

せっかくカラー印刷体制万全なのに、次使うのはいつだろうか、おまけに購入したインクは6回分もw補充できるため、使用頻度を考えると、果てしなく長く持つことだろう、たぶんインクはもったとして、プリンタ本体が壊れてしまう気もする。

こうなったら、クリックポストもカラーで、写真もばしばし印刷しようかな。
面白いカラー印刷の用途ありませんかね・・・。

NHKっていったい

NHKみたいなサービスは世界を探してもあるのだろうか。
税金で一律徴収すればいいものを、そうはしない。

国営放送ではないし、無駄な番組が多い。番組は民法と変わらないのだから、CMで番組をつくればよい。法律で支払いの義務はあるのかもしれないが、サービスに加入するかどうかを選ぶ権利はあってもいいのではないか。テレビを全くみないのに、一律で徴収されるというのは・・・。

映画館に行かないのに、映画代を払うというか、日用品を買ってもいないのに、毎月一定額落とされるような。。。なんだか納得いかないなあ。法改正されないものか。

bluetoothのキーボードを購入したよ

スマホの1.5倍ほどの小さなキーボードを購入した。とてもコンパクトで千円以下、bluetooth、充電式である。
これで電車に座り、バッグの上にスマホ、下にキーボードを置けばノートPCの完成である。
画像はセカンドスマホのため、zenfone3よりは小さめ。

キーが小さいのでタイプしにくく、特にエンターが押しにくいけれども、慣れればスマホよりも早く文字が入力できる。電車で座りながらブログが書けるようになった。

書きたいネタはいろいろあったけれども、家に帰ってから書くのはきついし、スマホのフリックだけでは時間がかかってしまう。かといってPCを持ち歩くのは重い。たぶん次のスマホは画面がもっと大きくなるだろうから、見やすくなるはず。

ドラマ視聴以外に、電車の楽しみがまた1つ増えた!

f:id:alxd50:20170307185617j:plain

楽天ポイント2017年 2月分

f:id:alxd50:20170303173655p:plain

 

先月と比較すると、楽天リワードによるポイントが増加し、合計3465ptとなりました。

楽天での買い物は、ほぼなしで、ここまでポイントを稼げるのが素晴らしい。

楽天リワードにもだいぶ慣れてきて、ポイントが高く、ミッションが楽なものと、ミッションが難しそうなものを分類することが重要で、毎日50pt以上コンスタントに稼げている。

MVNOユーザは楽天リワードにより通信量を消費することはできないため、私は、平日はWi-Fi環境が使える、朝、昼、夜の3段階に分けて、ちょこちょことミッションをこなしている。全部のミッションをこなすには、毎日数100MB単位の通信料が必要である。通勤中に貯めれると良いのだが、それができないのが痛い。必然的に家では常にスマホを持ち、1日中アプリを起動したり、閉じたりしているので、疲れることもある。おまけに、android, iphone2台使いだとなおさらだ。

楽天リワードのポイント付与が月始めの5日。そして、期間限定ポイントのため、その月になんとか使いきらなければならない。そして、楽天モバイルでの支払い、つまり楽天ポイントでの支払いがその直後の5日以降。楽天リワードによりゲットしたポイントの使い道としては、非常に都合が良い。

楽天リワードで稼げるアプリ自体は少しずつ消滅、新規増加を繰り返しながら変化しつつも、全体的には楽天リワード対応のアプリは増加傾向にあるのではないだろうか?

楽天モバイルは3月より、3日間の容量制限が撤廃となり、使いやすくなりました。あとは、低速モードでの通信量カウントがなくなると最高なんだけどな。また、アプリの表示上、0.1G単位しか見えなくなったので、そこを改善してほしい。

今月はポイントが少し余りそうなので、楽天電子書籍でも買おうかな。楽天はサービスの幅が非常に広く、楽天だけでも十分に生活できるぐらい細かく網羅されている。フリマ、銀行、モバイルなどいろいろあるしね。ポイントをうまく貯めて使うことで、理想的なサイクルが回り出した感じがする。

花粉症はべにふうき茶でのりきる

今年も嫌な季節がやってきた。花粉である。くしゃみ、咳、喉のイガイガ、鼻づまり、気分が憂鬱になる毎日だ。昨年から試している花粉対策がある。それがべにふうき茶を飲むというもの。

べにふうき茶との出会いは1年前。母がたまたま送ってくれたものの中に入っていたお茶であった。それは、無印良品のティーパックのお茶でべにふうきだけではなく、ハーブやミントなどもブレンドしたものであった。試しに飲んでみると、すっとしたものを感じ、かすかな希望を感じた。詳しく調べてみるとどうも「べにふうき」というアレルギー対策のお茶が有効であるという記事を読んだ。すぐにamazonで粉末のべにふうきを見つけ、購入し飲んでみた。味の感想としては、緑茶を渋くした感じで、抹茶のような苦味もある。

最初にべにふうきを飲んだ時の衝撃は今でも忘れない。飲んでしばらくすると、鼻づまりが解消され、上顎のなんともかゆいような感覚までほぼなくなり、スッキリしたのである。それ以来、狂ったようにべにふうきを摂取した。べにふうきは即効性はあるが、持続性がないため、すぐに効果は切れてしまう。普通の状態をキープするには、絶えず摂取するしかないのである。一番嫌なのが、朝である。睡眠中は摂取できないため、朝になるとおもーい、不快な感覚がよみがえる。朝起きると、トイレよりも何よりもお湯を沸かし、お茶を飲むことになるのである。

花粉対策として、効果が強いのは薬だろう。しかし薬は効果が強すぎるし、副作用もある。特に眠気には悩まされる。アレグラは眠くならないようだが、なるべく薬に頼らない方が健康的だろう。今年はあまり聞かないけど、舌の下に花粉のエキスを入れて半年〜1年かけて慣らしていこう?というのもあるらしいが、やはり費用がかかるのと、どれぐらい効くのか、また副作用がないのか不安になる。

その点、べにふうきは素晴らしい。普段飲んでいる水、お茶、コーヒー、ジュースなどの代わりに飲めばいいだけである。ただし、効くかどうかは個人差があるようだ。しかし試す価値は十分にある。薬を飲む前に、ぜひ飲んでみてほしい。健康茶やハーブなどと比べてクセがなく、普通の緑茶より少し渋いだけなので飲みやすい。

べにふうき歴2年目で気付いたデメリットを最後にまとめると、

1つ目。よく効いた場合、その効き目が心地よくなり、過剰摂取しやすくなる。こうなってしまうと、夜になっても、目が冴えたままで不眠におちいる。おそらくカフェインのせいだと思うが、なかなか眠れないことがあった。しかしたとえ睡眠不足であっても、花粉症よりはマシだと思う自分がいるのである。

2つ目。頻尿になり、夜に目覚めることが多い。睡眠中に摂取が途切れて、効果が薄れてしまう恐怖から、ついつい寝る直前までガブガブと飲んでしまう。必然的に飲料が増え、トイレに行く回数が増える。

3つ目。そこまで高くないとは思うが、花粉の時期に毎日摂取するので、継続的にべにふうき茶を購入することになる。これは普段飲んでいるものとはさほど変わらないかも。むしろいいものを毎日飲んでたら、安くなったりして。

これしかまだ飲んだことないですが、効果があるのであれば、どこのメーカーのでも変わらないかも。amazonでも楽天でも同じ値段。多いほうがコスパが良いみたい。